042-701-1871
対応時間
平日 10時~17時00分
定休日
土・日・祝日

過払い金 請求 メリット/井上雅彦法律事務所

井上雅彦法律事務所 > 債務整理に関するキーワード > 過払い金 請求 メリット

過払い金 請求 メリット

  • 遺言書の種類と効力

     しかし、一定の法定相続人には、最低限度の遺産の取り分として遺留分が定められているため、これを無視した遺言の内容を定めても、当該相続人は自身の遺留分について請求できます。

  • 相続財産の調査

    不動産の存在が把握出来たら、法務局に行って、不動産の登記事項証明書を請求し、当該不動産が担保に供せられているか等、不動産の状況を確認します。 ・借金の調査借金についても、被相続人が親族に黙っていることも十分に考えられるため、細かく調査しておく必要があります。消費者金融等からの借り入れの場合、契約書やキャッシュカー...

  • 相続放棄のメリットとデメリット

    放棄、というとあまりいいイメージが浮かばないかもしれませんが、相続放棄には以下のようなメリットがあります。 被相続人の相続財産には、土地や預貯金等のプラスの財産だけでなく、借金等のマイナスの財産も含まれます。被相続人がプラスの財産よりも多くマイナスの財産を抱えていた場合には、相続放棄を選択することでこの負担を免れ...

  • 遺留分とは

    侵害された相続人は、遺留分減殺請求を行うことができます。 ■遺留分の権利者遺留分が認められるのは、兄弟姉妹以外の法定相続人です。つまり、被相続人の配偶者と、その直系卑属(子や孫)および直系尊属(親や祖父母)となります。なお、遺留分は相続人にのみ認められるため、相続放棄をした人や相続欠格者等には認められません。 

  • 家族信託のメリットとデメリット

    ■家族信託のメリット家族信託には、以下のようなメリットがあります。 まず、本人の状態に関係なく、財産の管理処分を任せることができます。例えば認知症等により判断能力が欠けてしまった場合、成年後見等によれば、家庭裁判所に申し立ててこれが認められるまで、財産の管理処分を後見人に任せることはできません。これに対し、家族信...

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    「通報」・「相手方の確認」・「保険会社への連絡」などは、基本的に行うことになり、ここで不適切な対応を取ってしまうと、後々の保険金請求・訴訟の場面で不利益を被るおそれがあります。例えば、「交通事故証明書」は、警察に自己の届け出を行っていないと発行してもらえません。  そして、事故発生後の流れとしては「治療開始」→「...

  • 示談交渉

    交通事故における示談では、一般的には「加害者が被害者に対して金銭を支払う」・「被害者は示談で受け取る金額以外の金銭は将来的にも一切請求しない」という2点を定めることになります。 ■示談交渉の相手 示談交渉の相手として、加害者の任意保険会社の担当者が本人を代理して交渉に当たる「示談代行サービス」を用いる場合も多いで...

  • 任意整理とは

    そうしたことが無いという点は、他の債務整理と比べてメリットとも言えます。 しかし、任意整理は金融業者との任意的な交渉であるため、そもそも相手方(金融業者)が交渉に応じてくれない可能性があります。また、交渉に応じて貰えても、分割和解の条件は金融業者との交渉次第となるため、時と場合によっては条件が異なることがあります...

  • 自己破産とは

    また、警備員などの一部の職業に就職できなくなるなどのデメリットも存在します。どのようなメリットとデメリットがあるかをキチンと把握したうえで、自己破産を進めるべきかどうかを検討しましょう。 井上雅彦法律事務所は神奈川県横浜市・相模原市・厚木市を中心に、東京都町田市などにおいて皆様からご相談を承っております。債務整理...

  • 過払い金返還請求

    それが「過払い金」です。 借金をした場合、元本の他に利息を支払う必要があります。この利息は、利息上限法という法律で定めているのですが、かつて一部の消費者金融やクレジットカード会社は、この上限利率よりも高い利息を債務者に課していたのです。 何故こうした事態が起こっていたのかというと、利息上限法自体には罰則規定がなく...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    しかし、離婚そのものによる慰謝料が認められる場合でも、相手方の不法な行為によって離婚する場合は、相手方に対して損害賠償(=慰謝料)を請求することができると裁判所は示しています。それゆえ、相手方が有責であるか否かが、慰謝料請求のポイントになります。また、金額を決定にも非常に重要となるのが、相手が有責であることを判断...

  • 財産分与

    この清算的財産分与には、離婚事由があるか否かは関係ないため、離婚の原因である配偶者からの請求でも、財産分与が認められます。 2.この方法は、離婚によって生活が困窮した元配偶者に、扶養という形で財産を分配するものです。 3.この方法は、財産分与に対し、離婚についての慰謝料の意味合いを含ませるものとなっています。 

  • 婚姻費用分担請求

    そのような場合に、「婚姻費用分担請求」の活用が期待できます。 「婚姻費用分担請求」とは、婚姻費用に関する決定を行うため、家庭裁判所に対し、調停または審判の申立てをすることを指します。調停手続では、家庭裁判所が、当事者双方から財産や収入などの事情を聞き、解決案を提示、または必要な助言を行うことによって、最終的に合意...

  • 養育費

    そのため、どのくらいの養育費を請求できるかという概算をすぐに知りたいという方は、インターネットで調べていただくことで、おおよその額を知ることができます。しかし、当事者同士で話し合う協議離婚などの場合は、算出された金額以上の金額を設定することもできます。また、お子様の進学や通院状況によっては、養育費の増額も可能とな...

  • 面会交流権

    この面会交流権には、離婚後にお子様と離れて暮らすことを余儀なくされてしまった親に対し、お子様の成長を定期的に見守ることができるというメリットと同時に、お子様にとってもまた、ご両親の一人と会うことが健全な成長につながるというメリットが存在します。つまり面会交流権は、お子様と親御さん双方のための権利なのです。そのため...

  • 借地権とは

    ・契約の更新がない、建物の築造による存続期間の延長がない、建物買い取り請求(借地借家法13条)をしない等の特約をする期間が満了すれば、それを理由に地主から立ち退きを請求できますが、借家人が借地権の存続期間の満了をその一年前までに知らなかった場合には、裁判所は、借家人の請求によって借家人がこれを知った日から一年を超...

  • 賃金・残業代未払い

    ■会社に直接請求するまずは、会社に直接請求することが考えられます。上司と話をしてみる、未払い請求について交渉したい旨を記載した書面を提出するなどの方法があります。また、内容証明郵便を送る、という方法もあります。訴訟手続きにおいては、証拠としての役割を果たすことがあります。 ■労働基準監督署に申告する職場の労基法違...

  • ハラスメント(パワハラ・セクハラ)

    職場でセクハラが起こった際には、加害者は当然に損害賠償義務を負いますが、会社に対しても損害賠償を請求できる可能性があります。会社には、雇用契約上の、社員の職場環境を整える義務や加害者である社員を監督する義務があり、それを怠ったといえる可能性があるからです。また、使用者責任を追及する、という考え方もあり得ます。 

  • 相続法改正で変わった点とは

    今回の相続法改正では、相続人でない者についても、特別の寄与があった場合には、特別寄与料の支払いを相続人に対して請求することができるようになります。 ⑤配偶者居住権改正民法1028条で新しく、配偶者居住権という権利が創設されました。被相続人(亡くなった方)の配偶者が、被相続人が所有していた建物に移住していた場合、そ...

井上雅彦法律事務所が提供する基礎知識

  • 過払い金返還請求

    借金のなかには、返済しなくてよいものがあります。それが「過払い金」です。 借金をした場合、元本の他に利息を支払...

  • 親権と監護権

    数ある離婚問題のうち、最も争いが長期化しやすい問題の一つといえるのが「お子様の親権」に関する問題です。しかし、「親権」と...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    離婚における「慰謝料」とは、婚姻生活中に精神的に苦痛を受けた場合、その精神的被害に対して支払われる損害賠償のことを指しま...

  • 遺留分とは

    遺留分とは、法律の定めにより、一定の法定相続人について、相続財産を引き継げる最低限の割合について保証したものをいいます。...

  • 相続財産の調査

    遺産分割に際して、被相続人が生前有していた財産や債務、すなわち相続財産を確認しておく必要があります。相続財産は、財産の種...

  • 賃金・残業代未払い

    給料・残業代が未払いの状態である場合には、いくつかの策を講じることで会社に対して未払い分の支払いを求めることができます。...

  • 家族信託とは

    家族信託とは、自身の財産を自ら管理できなくなってしまうときに備え、遺言や信託契約により、家族に当該財産の管理・処分を信託...

  • 任意整理とは

    任意整理とは、直接、金融業者と交渉をして将来利息や遅延損害金の免除を求める方法となります。交渉がまとまった際には、毎月の...

  • 遺産分割協議とは

    ■遺産分割協議とは遺産分割協議とは、相続財産を誰がどれだけ引き継ぐのかについての、相続人間での話し合いを指します。&nb...

  • 成年後見制度とは

    例えば、認知症等により判断能力が低下している人は、遺産分割協議や相続放棄にあたって正常な判断のもと手続きを進めていくこと...

よく検索されるキーワード

代表弁護士紹介 「 一期一会 」

井上弁護士の写真
代表弁護士
井上雅彦(いのうえ まさひこ)
ご挨拶

ひとつひとつの出会いを大切にし、皆様が抱えている問題に対し、法律的見地から、よりよい解決ができるよう力を尽くしております。

お気軽にご相談下さい。

略歴

昭和41年生まれ

東京大学法学部 卒業

平成12年10月 神奈川県弁護士会登録

平成12年10月 井上雅彦法律事務所開設

平成25年 9月 東京地方税理士会登録

取扱い民事事件
  • 相続(遺産分割、遺留分減殺、遺言等)
  • 成年後見
  • 夫婦関係(離婚、親権、養育費、慰謝料、財産分与等)
  • 交通事故(物損、後遺症、死亡事故等)
  • 債務整理(任意整理、過払い請求、破産、個人再生等)
  • 不動産(家賃滞納、借地権等)
  • 医療過誤、契約書作成、契約書チェック
  • その他民事事件一般
沿革

平成12年10月 事務所を開設

平成17年6月 北口に事務所を移転

事務所概要

事務所紹介

当事務所は、小田急線相模大野駅徒歩1分の場所に位置しております。

ご来所される方は相模原市内を始め、町田市、小田急線沿線にお住まいの方など幅広い地域の方々から、ご相談、ご依頼をお受けしております。かつて依頼をお受けした方からのご紹介も多く、皆様より信頼をいただいております。最近の傾向としては、遺産分割、成年後見、交通事故、離婚等の事件の取扱いが増えております。

かかりつけのお医者様「ホームドクター」のように、法律のスペシャリスト「ホームローヤー」として皆様のお役に立つことができますようにと願っております 。

事務所名 井上雅彦法律事務所
代表者 弁護士 井上 雅彦
所在地 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-14-9 IL CIELO B・E号
アクセス 小田急線 相模大野駅 より徒歩1分
電話番号/FAX番号 042-701-1871 / 042-701-1813
営業時間 平日10:00-17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
相模大野駅の看板

ページトップへ